全身脱毛の際はvioを好きな形に整えよう!

全身脱毛を行う際にvioゾーンを完全なる無毛状態にするのではなく、形を好きなように整えられるのは実はあまり知られていないことです。
形を整えるとはいえども、どのようなデザインにすればいいのか迷う人が多いはずです。
今回はvioラインの無駄毛のデザインについて紹介したいと思います。
メジャーなタイプは小さめの逆三角形型です。
無駄毛が僅かに残されていてナチュラルに見えるので人気を得ています。
減毛式の光脱毛の施術を受けると、無駄毛が細く柔らかくなるためより自然な雰囲気を出せます。
その次に、卵型とスクエア型が人気です。
卵型は逆三角形と同じくナチュラルに見えるメリットがあります。
スクエア型は日本ではあまり普及していないタイプですが、海外セレブの間などではメジャーなデザインです。
vioラインは湿気がこもりやすく不衛生になりがちなので、完全なる無毛状態(ハイジニーナ)にすると、普段から衛生状態を保つことが出来ます。生理の際に無駄毛に経血が付着する心配もありません。
全身脱毛の施術4回目程から、本格的に無駄毛の形を整える段階に入ります。
全身脱毛を行う際は、vioラインの希望デザインをスタッフさんにしっかりと伝えましょう。